ダイヤモンドの基準

婚約指輪に付いているダイヤモンドは、一般的に4Cと呼ばれる基準によってそのグレードが決まります。婚約指輪を購入する際には、この4Cが何なのかを知っておかないとダイヤモンドのグレードが良く分からず、余計な出費などをする原因にもなりかねません。ダイヤモンドは婚約指輪でも重要な部分ですから、どういった基準でグレードが分けられているのか、グレードの基準はどういったものなのかを知っておきましょう。

ダイヤモンドの4Cとは、カラット、カラー、クラリティ、カットの4つを指しています。カラットは聞いた事のある人も多い基準で、宝石の重さの単位でありカラット数が大きくなるほど大きなダイヤモンドとなり、希少価値も高まるので価格は高くなります。ただ、ダイヤモンドは大きさだけではなく総合的な品質評価で価格が決まるので、カラット数が大きいから絶対に高いという訳ではないのは知っておくと便利です。

カラーはその名前の通り色を指し、クラリティは透明度を指しています。これらはグレードが上になるほど無色透明に近くなり、低くなるほど黄色みがかかってきて、傷などや内包物が多くなります。カットはダイヤモンドの価値に大きく影響するポイントで、研磨や対称性の度合いによって評価が変わってきます。これらはそれぞれランクで分けられており、ランクが高くなるほど価格が高くなりますので、婚約指輪を購入する際には気を付けておきましょう。