価格はどのくらい?

婚約指輪を購入する前に、どのくらいの予算を用意すればいいのかわからず困っているという人も多いのではないでしょうか。あまり安い値段では宝石などのグレードも下がってしまいますが、だからといって高すぎると予算を用意するだけでも大変です。ですからまずは相場がどのくらいなのかを知っておき、予算を用意する時にはこの相場を目安にどのくらいの金額を用意するのか考えてみると便利です。婚約指輪の相場は、一般的に20万円から40万円程度とされており、予算の用意をする際にはこのあたりの価格を目安にしてみましょう。

もちろん絶対にこの相場でなければいけないという訳ではなく、10万円から20万円で購入できる指輪もあります。ただ、価格が安い場合はどうしても宝石のグレードは落ちてしまうので選べる範囲が狭くなってしまう、という点には注意しなくてはいけません。逆に相場よりも高い物となると50万円から100万円以上となり、このくらいの価格になると選べる宝石やリングデザインの幅も広くなり、宝石もグレードの高い物を選びやすくなります。もちろん相場とされている価格帯でも選べる幅は広いですから、高くなければいけないという訳ではないという事は覚えておきましょう。

相場とされる20万円から40万円の間では、ダイヤモンドのグレードなどに大きな違いはありません。ですから少し指輪にかける金額を抑えて、ネックレスなど他の装飾品も併せてプレゼントするという方法を選ぶ人もいるなど、この価格が相場とされているのにはその選択肢の多さが理由となっています。